PROGRAM CONFERENCE
CONFERENCE 8K映像と3D音響、最先端のメディア技術「8K:VR」による究極の没入体験 世界初の8K×3D×22.2ch作品「8K:VRシアター "Aoi -碧- サカナクション"」、サザンオールスターズの楽曲を起用した「8K:VRライド ”東京VICTORY” 」を演出・プロデュースした田邊浩介(NHKエンタープライズ)が、最先端テクノロジーを駆使した「究極の没入体験」をテーマに語る。モデレーターには音楽配信・音楽ハードウェアのコンサルタント 榎本幹朗を迎える。
30 NOV
Thursday 12:00~ 12:30
Hikarie Hall B

田邊 浩介

エグゼクティブ・プロデューサー NHKエンタープライズ

1995年、慶應義塾大学卒業。同年、株式会社NHKエンタープライズ入社。 「ジャパンエキスポ2001/日立グループ館」「愛・地球博/NEDOパビリオン」など、大型映像を多数演出・プロデュース。廃校を舞台にしたロックイベント「ロックの学園」、キャラクターDJショー「DJ Domo」など、多彩な分野で企画・演出・プロデュースを手がける。 8K:VRシアター「Aoi -碧- サカナクション」を演出・プロデュース。同作品で「2016年度グッドデザイン賞」「Innovative Technologies 2016選考委員特別賞」「ルミエール・ジャパン・アワード2016 3D部門グランプリ」受賞。最近作として、サザンオールスターズの名曲を起用した、8K:VRライド「東京VICTORY」を演出。2017年3月「SXSW2017」に出展し、大きな反響を呼んだ。

榎本 幹朗

榎本事務所

音楽配信の専門家。作家。京都精華大学講師。 2012年より『未来は音楽を連れてくる』を連載・刊行している。Spotify、Pandoraをドキュメンタリーとインフォグラフィックの技法を使って詳細に描き、 日本の音楽シーンに新しいビジネスモデル、アクセスモデルを紹介することになった。 音楽の産業史に詳しく、ラジオの登場でアメリカのレコード産業売上が25分の1になった歴史とインターネット登場時の類似点 や、ソニーやアップルが世界の音楽産業に与えた歴史的影響 を紹介し、反響を得た。音楽配信、音楽レーベル、オーディオメーカー、広告代理店を顧客に持つコンサルタントとしても活動している 。 1974年、東京都生まれ。上智大学英文科に在学中から制作活動を続け2000年、音楽TV局スペースシャワーネットワークの子会社に入社し制作ディレクターに。草創期から音楽ストリーミングの専門家となった。2003年ライブ時代を予見しチケット会社ぴあに移籍後、2005年PandoraのAIに衝撃を受け独立。Yahoo!ニュース、Wired、文藝春秋、プレジデントなどに寄稿。NHK、テレビ朝日などに出演。