PROGRAM CONFERENCE
CONFERENCE 音楽定額制配信サービスの現状 世界120カ国以上に配信できる音楽サービスTuneCore Japanの代表野田威一郎とMichael KanekoやKan Sano等が所属するorigami PRODUCTIONSの代表対馬 芳昭に「音楽定額制配信サービスの現状」をテーマに語って頂く。モデレーターとして株式会社Spincoasterの取締役野島光平を迎える。
01 DEC
Friday 13:00~ 13:30
Hikarie Hall B

対馬 芳昭

代表 origami PRODUCTIONS

Ovall(Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ)Kan Sano、Hiro-a-key、Michael Kanekoらが所属するorigami PRODUCTIONSのCEO/A&R。 広告代理店勤務を経て98年、ビクターエンタテインメントに入社。 海外アーティストから邦人ジャズなど様々なアーティストプロモーションを担当。 2006年、渋谷界隈のセッション箱に入り浸り、地下で繰り広げられていたジャンルレスで 世界レベルの東京ジャムセッションムーブメントに魅せられ、何の後ろ盾もないままレーベル発足を企て始める。 ビクターを退社後、2007年origami PRODUCTIONSを発足。 「ブラックミュージックを軸としながらもジャンルが定められない幅広い音楽性」 「即興生の強いパフォーマンス」といった日本では売り難いとされてきたジャンルの音楽を様々な手法で世の中に紹介し、シーンを揺さぶり続けている。

野田 威一郎

代表取締役 チューンコアジャパン / ワノ

1979年生まれ。東京都出身。香港で中学、高校(漢基国際学校)時代を謳歌し、1997年に日本に帰還。クラブでイベント企画、デザイナーをしながら、慶應義塾大学を2004年に卒業。同年、株式会社アドウェイズに入社、メディアディビジョンマネージャーとして2006年に上場。2008年に独立しインターネットサービスでクリエイターを支援する会社「Wano株式会社」を設立。2012年には TuneCore Japan K.Kを立ち上げ、現在に至る。

野島 光平

取締役 株式会社Spincoaster

1986年生まれ。兵庫県神戸市出身。音楽メディアSpincoasterのキュレーターやインタビュアーとしてメディア業務に2013年の立ち上げ当初から携わる。その他にもミュージックバーの運営や、音楽イベントの企画制作、企業の広告プロモーションなど音楽を取り巻く幅広い領域で活動中。Spincoaster × Sptotifyのオフィシャルコラボプレイリスト『Monday Spin』の編集業務も担当している。