PROGRAM CONFERENCE
CONFERENCE これから新人アーティストの発掘や支援はどのように変わっていくのか? 歌や楽器演奏の音楽投稿アプリnanaの代表文原明臣と、国内クラウドファンディングサービスCAMPFIREの音楽事業担当執行役員の岡田一男による「新人アーティストの発掘や支援」をテーマにしたトークセッション。モデレーターとして、音楽活動支援サービスFrekulの代表海保けんたろーを迎える。
01 DEC
Friday 15:00~ 15:30
Hikarie Hall B

岡田 一男

執行役員/社長室室長/代表取締役 株式会社CAMPFIRE/株式会社Candee/株式会社ハレバレ

岡田一男 1979年東京都出身。2002年、エイベックス株式会社に入社。2011年に独立し、株式会社ハレバレを設立。SKY-HI、ぼくのりりっくのぼうよみなど年間40組のアーティストのブランディング、プランニングを手がける。 2016年より株式会社CAMPFIREにて音楽事業、映画事業、アニメ/ゲーム事業、ソーシャルグッド、広報/プロモーション部門、新規事業部管掌執行役員。 2016年より株式会社Candeeにて社長室室長。

文原 明臣

代表取締役社長 株式会社nana music

1985年神戸生まれ。神戸高専在学中にF1レーサーを志し、モータスポーツの世界に飛び込むものの、あと僅かのところで手に届かず挫折。その後様々な経験を積み、2012年に音楽を通じたコミュニティサービス”nana”を構想し起業。現在に至る。

海保 けんたろー

代表取締役 株式会社ワールドスケープ

ドラマー / 株式会社ワールドスケープ代表取締役 高校入学とともにドラムを始め、22歳からプロとしての活動を開始。「キマグレン」「ハシグチカナデリヤ」「SONALIO」など数々のアーティストのドラマーとして活躍する。 2011年には、音楽業界を変革するためのIT企業・株式会社ワールドスケープを設立。音楽活動支援サービス「Frekul」などの開発運営を行っている。 ボードゲーム好き。将来の夢は英雄。