PROGRAM SESSIONS
SESSIONS JEFF MILLS presents PLANETS the Celestial Body Installation: Part 2 天体と名付けられたサウンド・インスタレーションでは、スピーカーを多数使用したマルチチャンネルのサウンドシステムを使用し、伝統的なクラシック音楽と宇宙的な“デトロイト・テクノ”を高いレベルで融合させたJeff Mills(ジェフ・ミルズ)の最新作”Planets”を再現。
そのチャンネル数は40chにも及び、楽器の配置も実際のオーケストラに添ったものです。その空間の中に電子音用のスピーカーが配置され、TR-909のキックやライド・シンバルを演奏。ビジターはこのスピーカー群の中を歩くことができ、指揮台に登って指揮者の聞こえている音を聞き、特定の楽器に集中して音を聞くことができます。
このサウンドシステムのオリジナルコンセプトは、新木場に拠を構えるSympho Canvas®代表の宮本 宰氏により考案されたものです。サウンドシステムはSympho Canvas®に加え、AgehaやVentなど様々なベニューのサウンドシステムを手がけたTaguchiとHIRANYA ACCESSにより設計・提供されています。

この”Planets”のサウンド・インスタレーションが体験できるのは、この「TDME」のスペシャル・コンテンツだけになります。

今回インスタレーションで披露される「PLANETS」のアルバム(CD2枚組、5.1chサラウンドBlu-Ray)はU/M/A/A Incより発売中!

機材協力
株式会社ハイ・リゾリューション (MOTU国内正規輸入代理店)
株式会社カエルワークス (Sommer Cable国内正規輸入代理店)
01 DEC
Friday 16:00~ 16:45
Hikarie Hall B

ジェフ ミルズ

オーナー アクシス・レコーズ

現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在。シカゴとパリを拠点に1992年に自ら設立したレコードレーベル<Axis(アクシス)>を中心に数多くの作品を発表。またDJとして年間100回近いイベントを世界中で行っている。ジェフ・ミルズの代表曲のひとつである「The Bells」は、アナログレコードで発表された作品にも関わらず、これまで世界で50万枚以上のセールスを記録するテクノ・ミュージックの記念碑的作品となっている。

藤田 晃司

代表取締役 ヒランヤアクセス株式会社

空間プランナー・音響エンジニア、HIRANYA ACCESS co., ltd. 代表。 20年の間、人に関わる幸せと平和をテーマに音響環境を様々な形で考案し実践を試み、音響の中でもうるさくない気持ち良い音で奇跡瞬間を目的としている。 このインスタレーションでは、今回使用する田口音響研究所が製作するスピーカーのシステムデザインを担当する。 2011年震災後ネクストエナジーを見据え発足したRA -energy design-の代表も務め、より少ない電気量で駆動を実現するシステムを研究し、音響用ソーラーバッテリーシステムの普及に力を入れている。 ソーラーバッテリーシステムを利用したフェステバル、中津川The Solar BUDOKANは5年を迎え、本年6ステージ中4ステージをフルソーラシステム行い成功を収めた。 この10年で手がけた店舗の音響デザインはoathやasylumなど60店舗を超え、近年ではVENT・ALZARがある。また、先日行われたamazon fashion At TOKYO 10.20 SACAI / UNDERCOVERでも音響を担当した。

宮本 宰

音響エンジニア・プロデューサー・作曲家 エムアイエー・アコースティックス

昭和48年 早稲田大学卒。昭和49年 ヒビノ電気音響(株)[現:ヒビノ(株)]に入社。 日本国内ではまだ業界として成熟していないPA業態を確立。 オリジナルサウンドシステムの設計、ミニチュア・マイクロフォンの開発、音響設備の設計とコンサルティング、そして数多くの国内外アーティストのライブ・ミキシングを経た後、海外アーティストの音響コーディネートに従事してきた。昭和58年以降の約25年間で、450余りの海外アーティストの日本公演をサポート。その豊富な経験に基づくコーディネートは、海外アーティストから絶大な信頼を得ている。 平成14年頃より、「私たちが音楽に心を揺さぶられるのは、様々に彩られた音(空気)の響きの中に身を置いてそれらを体中に浴びることで生まれるもので、電子機器のスペックだけで語れるものではない」という思想に基づき、従来のマルチチャンネルによる音の定位(ローカライゼーション)ではなく、マルチソースによる音の実在(ロケーション)という異なった概念での音空間を表現するシステム「シンフォキャンバス®」を提唱している。

Koyas

オーガナイザー / Ableton認定トレーナー Ableton Meetup Tokyo

Koyasは東京を中心に活動しているアーティスト/プロデューサー/psymaticsレーベルを運営している。 彼はDJ Yogurtと共に数々の作品をリリースし、ケンイシイ/奇妙礼太郎等幅広いジャンルのリミックスを手がけ、Fuji Rock Festivalをはじめとする数々の舞台に出演した。その後2013年に電子音楽における演奏の要素にフォーカスしたレーベル”psymatics”を設立し、翌年にはCD HATA(from Dachambo)との即興セッションユニットで作品を発表。彼のレーベルは2015年にイギリスの伝説とも言えるアーティストThe Irresistible ForceのリミックスEP ”Higher State of Mind”を12インチヴァイナル限定でリリースした。彼はそうしたアーティスト活動の一方で、雑誌やwebメディアに音楽制作や機材についての記事を寄稿・翻訳するなど文化的な活動もしている。2014年に日本人として初のAbleton認定トレーナーの一人となり、東京のAbletonユーザーグループ”Ableto Meetup Tokyo”を立ち上げた。